一端の須藤凜々花推しが今思うこと

ドラフト会議に全く興味がそそられなかった私だけどチームNに選ばれた須藤凜々花のことはすぐに好きになった。 一応私の中では難波の2推しだったけど(1推し山本彩)、本当に緩いオタクなので今まで握手を4回ほどしたぐらいで投票もしたことがない。 彼女の文章と、すぐに秋元康や他グループのファンに見つかる才能と、48をまっすぐに愛する姿勢がとても好きだった。 初代チームN、難波1期生が本当に好きだった私(と同じ気持ちだったであろう難波オタたち)にとって、山田菜々チームMに移籍させるという意味わからない判断や、NMBには明らかにあっていない組閣で勢いを失った難波・チームNにとって須藤凜々花は救世主になりうると確信できるぐらいのパワー、アイドル性を持っていた。 だからこそあの選対の強さもあったのだと思う。選挙に弱いと有名な難波で、選対の勢いを最も感じるメンバーは須藤凜々花須藤凜々花だった。(もちろん他の選対もみんなすごいけどね)

ドリアン少年でセンターに抜擢されたあとバッシングにあい、アンチから枕営業と言われた時にツイッターで処女宣言をしたり、48G期待の若手でやっていた番組ではAVを鑑賞するのが好きという発言をしたり、ちょくちょくオタをヒヤヒヤさせる子ではあったけど、彼女のトークはちゃんとテレビに流れていたし、それは間違いなく彼女が同世代から一歩抜きん出ている点であった。

いつか難波を背負ってくれるだろうとは思っていたけどまさか全国区の知名度を得る日が来るなんて思っていなかった。こんな形で。

結婚します発言だけが取り上げられているけど、彼女のスピーチをフルで見たら、彼女がどれだけ自分を応援してくれたファンのことが好きだったかが伝わってくる。アイドルとしてではなく、一人の人間としてみんなのことが好きだと。人を好きになることを教えてもらったと。

総選挙はファンとの絆が深まるイベント、とよく48Gのアイドルの子たちは言う。決してうわべだけの言葉ではないのだろうなと思う。

凜々花も選挙を通して、アイドルとファンの関係ではなく、人と人との関係として信頼関係が築けたと思ったのかもしれない。自分は好きな人たちに対して誠意を尽くさないといけない。誠意を尽くして話したら分かってくれるはず。そういうスピーチに見えた。

個人的な意見としては、今回の発表の仕方はアウトだと思っている。結婚自体はおめでたいことだし、凜々花の話し方から本当に相手のことが好きなんだなとわかるからそれは良いにしても、総選挙はまずかった。凜々花に入った票は、凜々花自身への好意だけではなく、これから山本彩卒業後数年間の難波、チームNを背負っていくエースとしての期待が少なからず寄せられている。凜々花が結婚してもアイドルを続ける気であればそれは破天荒でとても面白いと思うけど、アイドルグループを牽引するエースとして求められている形ではない。現時点で、ファンが凜々花に期待しているのは、少なくとも基礎の部分は正統派アイドルだ。凜々花もそれは分かっているはずなのに。どういう思いでファンが時間とお金を割いて自分に投票しているか、分かっていたはずなのに。

あんまり48Gを知らない人にも名前と一部の発言が知られてしまったわけだけど、とりあえず悪い子ではないというのは伝えたい。

(おそらく)初めての恋愛で舞い上がってしまい、アイドルとしての職業との両立で葛藤が少なからずあったと思う。かつて秋元康が、菊池あやかを復帰させるに当たって放った一言が「公演で彼氏の話をするアイドルがいてもいいじゃない」だった。菊池あやかが達成しなかったそれを凜々花がやってのけるかもしれない、という期待は正直、ちょっとだけしている。ただ、今回はアイドル史上稀に見る事件となってしまったし、メンバー内にも敵を作ってそうな雰囲気もあるし、結婚引退も十分ありうる(というか90%ぐらいそうなるよね)。先週の横浜での握手が最後になるかもしれないとは思っていなかったなあ。

これでアイドル続けたら指原と並ぶ(下手すると超える)レジェンドになる可能性もあるし、好きな人と結婚できたら幸せになれるだろう。どちらを選ぶのか、今は待つのみ。